壁紙を張り替えて住むことにして

我が家が購入した住宅は築8年経過しているもので、前の持ち主が手放す予定になっている物でした。

状態は悪くありませんでしたが、気になったのが以前の持ち主がたばこを吸っているということでした。部屋の中はやにで汚れている部分もあり、たばこ嫌いな夫にとっては耐えられないものでした。

私もそのまま住むということには抵抗があり、壁紙を全て張り替えてもらって、住み始めることにしました。三階までのすべての部屋、トイレ、風呂も含めて張り替えを行い、総額としては50万円ぐらいはそれに使いました。

自分でするという方法もありますが、全部屋というのはさすがに無理ですし、お金はかかっても丁寧にやってもらえるならと思い依頼をしました。

新築ではないということは少し気になりましたが、壁紙を張り替えてリフォームをしたことによって、自分たちの家という感覚で済み始めることができました。

壁紙で印象は大きく変わり、それまではピンク系だったのが城になったので、すっきりとしました。

そして普段生活をしている部屋ですが、気分転換をしたいときやなどに模様替えをしたいと思うことがあるかもしれません。しかし模様替えしようにもどこをどうしたら良いか分からないし大変そうだと考えることもあるでしょう。

確かに新たに家具を買い足したり、大きなものを移動したりといった大掛かりなものは手間がかかりますが、ちょっとしたことでも十分に部屋の雰囲気を変えることが可能なのです。

例えばソファやテーブルなどの家具の向きや位置を入れ替えるだけでも十分模様替えになります。同じ家具でも角度や位置が変わるだけでなんだか新鮮に感じることでしょう。

もう少し部屋を広く見せたいなというときには背の高い家具を入り口付近に配置し、視界に入りづらくします。そうすることで部屋に入った時の圧迫感が減り、なんとなく部屋が広くなったような印象を受けるようになります。

カーテンやラグ、ソファカバーなどの布類を変えるだけでも部屋の雰囲気は変化しますので、これ以上家具をいじれないという場合には試してみると良いでしょう。

簡単に模様替えをして、より落ち着いて過ごしやすい空間を作りたいものですね。

相互リンク募集サイト|相互リンク|全身脱毛どこがいい|オーディオ|童話集|心の童話|SEO|全身脱毛 どこがいい|PageRankExpolreオ|ページランク別相互リンク集|seoリンク|ショッピングカート設置|工務店向け集客ノウハウ|